本文へスキップ

在宅ホスピスのご案内

在宅ホスピス

ホスピスでは、がんの痛みを緩和するなど終末期のケアを行います。
痛みには、身体の苦痛と心の苦痛があります。これらの苦痛を軽減し療養することで、残された時間を有意義にすることが可能になり、ホスピスは死を待つ場所ではなく残された時間を有意義に生きる場所となりえます。
当院では、終末期にある患者さまが、ご自宅で有意義な時間をたくさん過ごせられるよう在宅ホスピスを行っています。また、緩和ケア病棟にすぐ入れない場合に、待機の期間をご自宅で療養することをサポートいたします。

<在宅でのお看取り実績>


上記のように、多数の患者様が在宅での最期を迎えられております。
在宅での最期を迎えるには当院のみの力だけではなく、介護はもちろんご家族様のお力添えも必要不可欠です。
在宅ホスピスや在宅でのお看取りをお考えでしたらまずはご相談ください。
可能な限り希望を叶えられるよう、共に考え、寄り添える医療を目指します。