当診療所の在宅医療
通院困難な患者さまがご自宅で医療を受けられるよう、
医師と看護師が定期的にご自宅を訪問しています。
各患者さまの疾患や状態、生活環境に合わせた治療計画・療養計画を組み、
多職種との連携を図りながら患者さまの療養生活をサポートいたします。

患者さまの状態が安定している場合でも、全身状態を把握するために、
月に2回以上の訪間診療を実施しています。
当診療所には在宅専任スタッフが常駐し、

24 時間365日 対応できるサポート体制を組んでいます。
夜間や休日の対応はもちろん、急変時の対応もいたします。

訪問診療

 当診療所では、医師と看護師が患者さ まのご自宅に定期的に訪問しています。月に2回以上の訪問を実施して全身状態を把握し、患者さまの痛みや症状のコントロール、各種検査、薬の処方、各種処置などを行います。
寝たきり状態の方、膝や腰の痛みにより通院が困難な方、人工呼吸器や胃痩など医学管理が必要な方、難病や末期がんの方など、さまざまな疾患や状態の方々を診ています。
 お住まいの地域や病態、介護の利用状況、患者さまやご家族さまの希望などにより 、担当医師・看護師・訪問曜日・時間などが決まります。

予定されている訪間診療日以外で状態が悪い時は、臨時対応(往診) を行っています。
急変時にも対応できるよう、
24 時間365日の医療サポート体制を組んでいます。

訪問看護

 当診療所の医師の指示により、当診療 所の看護師がご自宅で看護を行います。
血圧や体温、脈拍などの測定を行い、状態の観察を行います。
また、点滴や検査、褥瘡(床ずれ)や傷の手当てなどの医療処置、薬の管理、医療機器の管理、排泄の介助などを行います。さらに日常生活のアドバイスや精神面のサポート、各種ご相談の対応もしています。

 

状態が悪い時は、緊急対応(緊急訪問看護)を 行っています。
濃厚な看護を要する場合は、1日に2〜3回訪問することも出来ます。
急変時にも対応できるよう、24 時間365日の看護サポート体制 を組んでいます。

在宅ホスピス

 ホスピスでは、がんの痛みを緩和するなど終末期のケアを行います。
痛みには、身体の苦痛と心の苦痛があります。
これらの苦痛を軽減することで、生活の質(QOL)を高めることができます。
ホスピスで療養することで、残された時間を有意義にすることが可能になります。ホスピスは死を待つ場所ではなく、残された時間を有意義に生きる場所です。

当診療所では、終末期にある患者さまが、 ご自宅で有意義な時間をたくさん過ごせられるよう在宅ホスピスを行っています。また、緩和ケア病棟にすぐ入れない場合に、
待機の期間をご自宅で療養することをサポートいたします。

看取り

 病院で死ぬことが一般的となった現在、
家族に看取られながら死を迎える機会は減少しました。
このような時代の変化により、
ご自宅での看取りに対して不安を抱くのは当たり前のことです。
「息を引き取るときに苦しまないだろうか?」
「死亡の確認や死後の扱いはどのようにすればいいのか?」
このような、さまざまな不安があります。
当診療所では、通常の場合、 病状が悪化した段階で看取りの説明をさせていただきます。
看取りには、医師と看護師が対応しています。

息を引き取っていることに気付いたご家族さまが、
あわてて救急車を呼ぶことがあります。
救急隊が到着して死亡を確認すると、必ず警察に連絡をします。
警察が到着すると、亡くなられた方の衣服を脱がし、
外因性の死亡の疑いはないか確認をしながら写真を撮ります。
ご家族さまに対しては聞き取り調査が行われます。
おごそかにむかえたい自宅での看取りが、刑事事件の様相に変化してしまうのです。
当診療所では、訪問診療を実施している患者さまがお亡くなりになった時は、
電話連絡をいただいてご自宅に訪問し、死亡確認を行って死亡診断書を発行します。
予期せず突然にお亡くなりになられても、救急車や警察を呼ぶ必要はありません。