田園調布醫院

ごあいさつ

医療法人社団 伍光会 理事長
田園調布醫院 総院長

肌附 英幸(ハダツキ ヒデユキ)
2004年10月の開設以来「患者様が自分らしくあるためのお手伝い」をモットーに、職員一丸となって診療に取り組んでおります。患者様が「自分らしく」を実現するためには、地域を支える多職種の方々と連携し、総合的なケアを実現することが必要不可欠です。 その部分も含め、どんな些細なことでも気軽に相談できるホームドクターとして、また、共に歩むパートナーとして活動して参ります。
<略歴>
田園調布醫院 院長
診療責任者

伊藤 寿朗(イトウ トシロウ)
「通院は難しい」「できるだけ住み慣れた所で暮らしたい」「自宅で最後まで過ごしたい」。 様々な価値観をお持ちの患者様が、その方らしい生活を送れるようサポートさせて頂く事、それが私どもの役割であると考えております。 皆様のホームドクターとして、外来診療・在宅診療を通し、より良い医療を提供して参ります。お気軽にご相談下さい。
<略歴>


診療責任者 橋本 政敏(ハシモト マサトシ)
山形県・東根市にある分院、北村山在宅診療所院長を務め、田園調布醫院でも外来診療と在宅診療を担当しております。私は整形外科を専門に学び、消化器外科、形成外科等の研修を行ってきました。 大病院での勤務経験からしますと、通院の大変さ、自宅療養での限界について配慮しなければいけないことはわかっていても、なかなか対応しきれないのが現実です。 当診療所では、内科、外科に関わらず在宅療養のお手伝いをさせて頂き、地域の病院と十分な連携を図って患者様の治療および療養生活のお役に立ちたいと考えております。宜しくお願い致します。
<略歴>




PAGE TOP